後悔しない生き方

家庭教師のバイトがつらい!その4つの理由と解決策を公開します。

後悔しない生き方

 

家庭教師のバイト・副業をやってるけど、こういうことがストレスになっている。
今後家庭教師を続けるか悩んでる・・・。

  • 生徒宅が遠く、通うのが辛い。
  • 生徒の成績が思うように上がらない。
  • 親御さんとなんだか合わない。
  • 生徒から好意を寄せられている。

 

もう、これから家庭教師を続けていくのが不安で仕方がない・・・

 

 

ちょっと待って!そのお悩み、解消できます!

 

勇気を持って家庭教師のバイトを始めたあなた、おめでとうございます🎉!

特に家庭教師を始めたばかりの頃は、何もかもがうまくいかない時があります。
そのたびに自分に自信を失い、辛いと感じる人が多いです。

しかし、それはあなたにとってステップアップのチャンスです。

もちろん、本当に辛かったら辞めてもいいです。

できれば続けたい・克服したいと考えているのであれば、私のこのブログ記事を読んでみてください。

きっと、あなたにとって解決の道しるべとなる内容が記載をされています。

本記事では、家庭教師を辛いと思っている人が悩む4つの項目と、その解決方法ついてお伝えしていきます。

 

これから家庭教師をしようとしている人も、こういった悩みが浮かんでくる可能性があることを念頭に置いて読んでみてください。

 

 

それではいきましょう!

 

※文字数多めです。
↓お時間ない方は、目次より該当ページにアクセスしてください↓

家庭教師のバイトがつらい:生徒宅に通うのがしんどくなってきた

相談内容

家庭教師のバイトに応募する際、時給だけ見て決めてしまいました。
駅からバスに乗ったり、乗り換えが発生したり・・・。

もっと確認すればよかったです。

今更やめられません・・・。

解決方法

生徒宅まで思っていたより距離があった。
そのため、通うのがだるくなってきた。

そういう理由で、急に家庭教師を辞めるのは家庭・生徒・家庭教師派遣センターに迷惑がかかります。

それでも、もう辞めたい!となった場合の、円満に辞める方法をお伝えします。

※関連記事※

 

家庭教師のバイトがつらい:生徒の成績が思うように上がらない

相談内容

何度か授業を行なっていますが、生徒とコミニュケーションがうまく取れず、授業中の空気が良くありません。
大きな問題はないけど、相性が合わないってありますよね?

また、指導方法がしっくり来ていません。
中々成果が出ず、親御さんにもうまく説明できません。

解決方法

どんな指導がその生徒にとって良いのかは、正直生徒によります。

生徒の性格や思考の特徴を掴み、指導の仕方を変える必要があります。

 

えっ・・・どうやって掴めばいいの??

 

下記の記事では、生徒の特徴を把握するための簡単な方法を掲載しています。

参考にしてください。

家庭教師のバイトがつらい:生徒から好意を寄せられている

相談内容

恋愛関係になるのは、暗黙の了解でNGというのは分かっています。

好きと言われていませんが、好意を持ってくれてることをヒシヒシと感じます。
今は気がつかないフリしていますが、告白されたらどう返答すればいいか分かりません。

解決方法

これも、よくある話ですね。

生徒からしてみたら

自分より年上で頼りになる
一定の頻度で継続的に会う
勉強ができる
優しい

恋愛関係になるでしょ!という状況満載です。

現状、生徒募集の段階であれば

まず指導できる生徒の性別を自分と同じにしましょう。
(あくまでも、トラブルを減らすためです。同性同士の恋愛を否定しているわけではありません。)

ご家庭でも、そういった関係をよく思わないので「同性指定」であることが多いです。

こちらも、その姿勢で受け入れましょう。

既に指導していて、まだ告白されていない場合

もう彼女・彼氏がいることを宣言しましょう。

何気ない会話の中で、言えるチャンスがあるはずです。

 

この間、彼女に学生時代にどうやって勉強していたか聞いてみたんだけど・・

 

相方がいなくても、「いる」で良いです。

最初のうちに、そう言っておけば好きになられる心配も減りますので、さらっと言っておきましょう。

 

これで、不安なのが「彼氏・彼女」がいると分かった瞬間に、やる気がガタ落ちで成績が下がることです。

失恋は、精神的なダメージが大きいです。

勉強のモチベーションが、あなたへの恋心なのであれば一定期間やる気がなくなるのは目に見えています。

しかし、だからといってご機嫌を取ったり指導のやり方を楽な方に変更するのは止めましょう。

生徒のやる気が下がっている時こそ、誠心誠意、心を込めて指導しましょう。

そうすれば、あなたのことを大切に考えているよ。という気持ちは伝わります。

大丈夫です、また戻ってきてくれます。

既に告白されてしまったら

これは、どんなにこちらが一生懸命考えても、相手を傷つけてしまうことは決定しています。

傷つかない恋愛はありません。

この場合は、彼氏・彼女がいると言いましょう。

断る時に、相手を傷つけまいともっともな理由を言うと、墓穴を掘ることになります。

 

えっと・・生徒だし・・・歳が違い過ぎるから・・・

その後に生徒から言われることは、簡単に想像できます。

 

じゃあ、自分の先生じゃなくなったら付き合えるの?

愛に年齢は関係ない!

 

もう堂々巡りですよね。

「相手には、自分以外の別の大切な人がいる」

この理由は、あなたのことが好きじゃない訳じゃない。けど、もっともっと大切な人いる。というニュアンスですので、相手のパーソナルな部分を否定しているわけではありません。

この理由以外の説明は、不要です。

 

あなたも本気で生徒のことを好きになってしまったのであれば別ですが、通常は断る以外の選択肢は、ありません。

 

家庭教師のバイトがつらい:親御さんとなんだか合わない

相談内容

生徒はとってもいい子なんですが、親御さんとなんだか合わないです。

適度な距離をとっておいた方が良いのはわかっているのですが、どう距離をとればいいのかがわかりません。

解決方法

どういうところが、親御さんと合わないのでしょうか。よく受ける相談内容として

  • なんで成績が上がらないんだ!と詰め寄ってくる。
  • 家庭教師とは関係のない話ばかりしてくる。
  • 生徒に対してネガティブなことばかり言う。
  • 授業の内容に口を出してくる。
  • 生徒・家庭教師に無関心。
  • 給料の支払いが遅れる。

このほかにもありますか?大体は、この中に該当すると思います。

順番に対処方法を解説していきます。

なぜ成績が上がらないのかと詰め寄ってくる

まず、契約の前に「短期間で成績アップはしない」とキチンと説明をしていますか?

その説明をした上でも、なぜ成績が上がらないのかと詰め寄ってくる場合は、指導計画書を提出をしましょう。

指導計画書は、大枠のもので結構です。「何月までにこの単元を終わらせるとこのレベルまで理解が進むようになる。」といったような計画書です。

計画書通りに授業を進めていること。短期間で成績をアップしないこと。しばらくは様子を見てほしいこと。これを誠心誠意心を込めて説明をするようにしましょう。

それでも理解してくれない場合は、その生徒の指導を中断をすることを視野に入れましょう。

週に1度2時間の授業を受けるだけでたった1ヶ月で成績が上がるなら、その時点でお子さんは超優秀です。

家庭教師とは関係のない話ばかりしてくる。

生徒のこと、授業のことであれば話をする価値はありますが、ご近所の噂話等の全く関係のない話は時間の無駄です。

といっても、話をしているところを遮って

 

では、帰ります!

 

と言うのはとても難しいと思います。

最初の頃は、親御さんと話をしたほうがいいかな…と思い誘われるままリビングに座りお茶を飲み始めると、それが毎回となってしまいます。

そのため、最初から指導が終わった後はリビングに座ることなく玄関に向かうようにしましょう。

契約時に、「毎回の授業のフィードバックはEメールでお送りいたします。中間・期末試験の後は、授業後に面談を実施させていただきたいと思っております。試験結果を用いて、今後の指導方法等のご報告とご相談をさせていただきたいので30分ほど時間をいただけますか?」と伝えておくようにしましょう。

「面談は試験の後のみ」「面談は特別な時のみ実証する」と相手に先に伝えておくことにより毎回のフィードバックをする事は避けることができます。

生徒に対してネガティブなことばかり言う。

親がマイナス思考だと子もマイナス思考になってしまいます。

ネガティブに考えるのが癖になってしまい、

自分は何をやってもどうせ失敗するんだ・・・

と思ってしまい、思うように成績が上がらないことがあります。

そういった兆候が見られた場合、毎回の授業のフィードバックの際にこういった内容を送信しましょう。

〇〇くん・〇〇ちゃんは毎回の授業を全力で一生懸命受けています。
まだ結果は出ていませんが、必ず結果が出ると私は信じています。そのため、親御さんもお子さんに期待をしてください。

よく頑張っているね、きっと成果が出るよ、大丈夫だよ。という魔法の言葉を勉強の前後に必ずかけてください。

この魔法は、ご家族にしか使えません。

親御さんの協力があって、初めて成績を上げることができます。
私も、お子さんに負けないように誠心誠意全力で授業に取り組む所存でございます。
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

しつこい位、毎回毎回同じような内容を伝えて下さい。だんだんと親も子も変わってきます。

家庭教師って、ほんと奥が深い。

授業の内容に口を出してくる。

授業の内容に口を出してくるのは、どのくらいの頻度・程度でしょうか。

指導計画上にも指摘を入れてきますか?毎回の授業の時に口を出してきますか?

 

あなたがそうやって子供が勉強している時にも口を出すから、子供の成績が上がらないんですよ・・・。

 

とは口が裂けても言ってはいけません。

とはいえ、中途半端に口を出してくるのは正直迷惑です。

言うだけ言って、親御さんの言う通りに勉強したとしても成績が上がらなかったときの責任は家庭教師です。

そのため、意見を言われたら

ありがたいお話誠にありがとうございます。
親御さんの意見も参考にさせていただきながら指導計画書を作成いたしますので、もうしばらく私に任せてもらえませんか?

こう伝えるようにしましょう。

参考になると思ったら取り入れ、参考にならないと思ったらぜ参考にならないのかを明確にしてから(感情だけで判断しない)そのままスルーしましょう。

あなたは、自分に自信があるかないかに関わらず、家庭教師として給与をもらっている立場にあります。

すべての責任はあなたです。

そのことを、お忘れなく。

自分の納得できるような授業を、生徒に提供し続けてください。

生徒・家庭教師に無関心。

口を出してくる親御さんも対応に困りますが、生徒に対して全くの無関心である親御さんもいます。

家庭教師がフィードバックをしたいといっても、特にレスポンスがない場合があります。

子供は、誰かに自分の努力をちゃんと見てもらっていて、誰かに認められ・褒められることをに喜びを感じる子が多いです。

そのため、親の無関心は子供のモチベーションを下げる大きな要因となります。

 

お金を払っていればそれでいいでしょ。
あなたは授業だけをしていてくれていればいいのよ。

 

そういった態度の親御さんも、少数ではありますが一定の割合でいます。

そういった親御さんに対しては、子供たちは一生懸命勉強をしているということを毎回の授業で伝えるようにしましょう。

メール送信する内容は、「生徒に対してネガティブなことを言う」親御さんに対してのフィードバック文と同様の内容で結構です。

給料の支払いが遅れる。

これは、どのような理由であっても信頼関係を損ねる最も大きな要因の1つです。

一回だけであれば、多めにみましょう。

しかし2回目、3回目と続く場合は指導の継続を打ち切ることも視野に入れましょう。

わざとじゃないのよ?仕事で忙しかったから現金の準備ができなかっただけなの。

 

そう説明してくる親御さんに対しては、

 

インターネットバンキングを持っているのであれば口座に直接振り込みでも大丈夫です。
確かに現金の用意は手間ですよね。
次回からインターネットバンキングにしますか?

LINE Payでも大丈夫ですよ!

 

と聞いてみましょう。

現金は、コンビニのATMでも下ろすことができます。
授業中に、現金を用意することは難しくありません。それなのに準備をしないのは家庭教師のことを下に見ている可能性があります。

双方を信頼の原則で成り立っているものになりますので、こういったことは、後々のトラブルの元になります。

成績が上がらなかったら、今までの指導料を全額返金しろと言われる可能性だってあります。早々に退避しましょう。

 

こういったトラブルを避けるために、契約前の注意事項を再度確認しましょう。

 

まとめ:家庭教師がつらいと思う4つの理由とその対策を公開。

 

長文でしたが、最後までお読みいただきまして本当にありがとうございました。

 

正直、いくら時間があっても書き切れないと言うのが本音です💦

 

今回は、家庭教師をやめたいと思う原因4つに対するアドバイスを記事にしました。

 

さらに細かい指導方法のコーチングを行ってもらいたいという方は、私に連絡をください。

家庭教師は、生徒の人生と自分の人生を変えることができる素晴らしい職業です。

 

とはいえ、家庭教師側がストレスフルだと、生徒にとってもよくありません。

無理だと感じたら、辞めるのも1つの選択肢です。

円満な辞め方については、こちらをご覧ください。

 

 

これからも、皆さんの人生が楽しく豊かになるような記事を公開していきます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

おわりっ!

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
♪みんなにシェアする♪
アラサー独女バリキャリ広報活動中@TOKYO
タイトルとURLをコピーしました