マニラ駐在お役立ち情報

透明度最高!フィリピンのモアルボアルでダイビング:イワシの大群が大当たり!

マニラ駐在お役立ち情報

 

フィリピンのモアルボアルって、どんなだいぶサイトなの?

何がメインで見れるの?

実際に行ったポイントを教えて!

 

こんな疑問にお答えします。

 

 

こんにちは。私はフィリピン駐在中、ダイビングに魅了され三連休があれば潜りに行っています。

モアルボアルのダイビング体験記を検索しているあなた、だいぶダイビングやり込んでますね。

セブ島西にある秘境と呼ばれるモアルボアルに2019年8月24日から26日まで、弾丸ダイビングをしてきました。

控えめに言って、最高だった。みんな行って欲しい。

 

 

そのときの海の状況含め、シェアします。

 

 

フィリピン モアルボアル一日目:8月24日 コーラルガーデン

この日は、早朝マニラ発セブ行きの飛行機に乗り、午後から2本ダイビング。船に乗っていた時間は30分くらいだったかな。

チェックダイブということもあり、ホテルから遠くないダイブサイトでチェックダイブ。

うーん、透明度最高!

なにこの色のフグ。可愛すぎる。

   

好きだなぁ。この顔。

ほんと、透明度が良かった。

 

この子、黄色い鼻毛出てるみたい

どーんっ!!!かわいい!!

フィリピン モアルボアル二日目:8月25日 ペスカドール、コーラルリーフ

イワシの大群が大当たり!透明度も良かった。

イワシの大群は、まるで雲のようで大きな塊となって私たちダイバーの上に

急に海が暗くなって、なんでだろう?と上を見上げたら大きなイワシ玉がいて本当にびっくりした。

そこからイワシの大群が逃げないように中性浮力を保ちつつずっと見ていたんだけど、人間なんかお構いなしに自由奔放に泳ぎ回る。

こちらが何もしていなくてもスレスレのところで急カーブをしてまた大群になって押し寄せてくる。とても興奮した。あの大群の中に入ってしまったら、一体どうなるんだろう

20分、いや30分ぐらいはずっと見ていたかな。浅瀬だったので、そんなにエアの消費がなかった。

光がちょうどよく差し込んっていたので魚の個体がはっきりとわかった。

時間が経つのがあっという間で、気がついたらエアも半分を切っているところだったので後ろ髪惹かれる思いで元来た道を戻り浮上。

2本潜って、両方ともイワシの大群に当たった。2回目は冷静に見れたけれども1回目はなんだか怖かったな。大きな個体が集団となって自分に向かってくるこんなの、海に入らないと絶対実感できない。スイミーを見ているみたいだった。(スイミー知らないヤング世代は、ウィキペディでググって!https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%A4%E3%83%9F%E3%83%BC

カメもたくさんいた。横に並んで写真撮ったり。かわいい。

フィリピン モアルボアル三日目:帰路

もう帰るだけ。またあの山道を・・・げっそり。

帰るだけだし、文句言うなって?

割と早くセブ空港に到着。空港目の前のホテルで時間つぶし。

フィリピン モアルボアルで宿泊したホテルその他情報

ホテル情報

セブからモアルボアルまで車で3時間、ボート乗り場から今回お世話になったバディアンアイランドウェルネスリゾートまでボートで10分。飛行機降りて、なんだかんだ4時間かかった。

今回お世話になったホテルはバリアンリゾートは、離れ小島全てがリゾートになっているホテルだった。宿泊者がほとんどいなくて、ダイブサイト含め貸し切り感が出ていた。

宿泊料はそんなに高くないけれども、ホテルの部屋は綺麗で豪華。

プールサイドで食べる食事も美味しかった。夕食時に、たくさん人がいて、こんなに宿泊客いたんだねってみんなで驚いてた。

到着時には、ココナッツジュースのウェルカムドリンクがあったり、出発時には従業員何人かがポートの前まで来てバイバイしてくれて、手作りの貝殻ネックレスをプレゼントしてくれた。

特に問題となるようなこともなく、大変満足だった。

1つ挙げるのであれば、リゾート目の前の海は水草やペットボトルなどのゴミがあり、ビーチの前で泳ぐというような感じでは無い。5分ボートに乗ればきれいな海が待っているから、わざわざホテル目の前ではしなくてもいいかなぁ。シュノーケリングのためのボート代は無料との事だったので、それだけでもだいぶお得感があるホテルだと思う。

ダイビングショップ

ダイビングショップは、リゾートに併設をされていてこじんまりとしているものの、ナイトロックス等含め必要なものは全てあった。二日間ともガイドさんが同じで、色々と要望を言えたのもよかった。

値段も、リゾート内のダイビングショップにしては高くもなく、安くもなく。日本人のダイビングショップよりかは安かった。

モアルボアルは、ニタリザメ&ジンベイザメが見れると聞いていたのだが、ダイバーさん曰くそれは何年も前のことで今はあまり見ることができないとのこと。

そっか、残念だなぁ。そしたらイワシの大群だけでも見たいよねと話をしていたので、気合い入れてイワシを探してくれたのだろう(笑)どのポイントも流れが強くなかったので、比較的泳ぎやすいサイト先をチョイスしてくれたのかな?とも思ったけど、こちらの要望通りのサイト先でとても満足だった。

サイト先も豊富。

フィリピンセブ・マクタン空港からモアルボアルまでの移動の注意点

セブマクタン空港から、モアルボアルまでの移動は車かバスになるけど、バスだとストップポイントが多く、何時間もかかってしまうので、ホテルに車を用意してもらったほうが無難。

セブ市内は渋滞があり、抜けるのに時間がかかるけれど、その渋滞を抜けたら後は山を越えるだけなのでガンガンスピードを出して走行。そんなに急いでないから、ゆっくり安全運転で行ってねと言うものの、そんなのお構いなしで山道をハイスピードで走行していた。それが普通なのね、きっと。ちょっと恐怖を感じる。

山を登ったり降ったり、右に行ったり左に行ったり・・・。不安な人はセブ空港に着いた時点で酔い止めを飲んでおきましょう。ほんと酔う。早朝だったし、移動中は寝ればいいやって思ってたけど、道がガタガタでバウンドして、恐怖を感じそれどころじゃなかった。

セブ市内から山に入る前にトイレに行きますか?と言われるが、ここはトイレに行っておきましょう。そこからホテルまでトイレに行くのは山道で民家もないので難しい。

ジンベイザメを餌付けしているオスロブというポイントには、ここモアルボアルからとても近いので時間があれば行ってみるのもいいかもしれない。けど、ジンベイザメを見に行く(オスロ分がメイン)のであれば、わざわざセブ島から何時間もかけてオスロブに行くのではなくて、ドゥマゲッティに行ってそこからオスロブに行くのがお勧めです。

今回は、ニタリと野生のジンベエがメインだったけど、イワシの大群が2回も見ることができたので個人的には満足です。

野生のニタリを見るのであれば、同じくセブ島のマラパスクアに行くのが確実です。

また、野生のジンベイザメが見れるのは運が良かったらアポリーフで見れるそうです。

アポリーフは外洋ポイントが多いので大物やサメ等見れるとのこと。

→人生でダントツナンバーワンのパラオ旅行記もご覧ください。

関連記事:初心者にもおすすめ!パラオでゆったりダイビング体験記

 

時間があれば、随時ダイビングサイトを更新していこうと思っています。

 

おわりっ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
♪みんなにシェアする♪
アラサー独女バリキャリ広報活動中@TOKYO
タイトルとURLをコピーしました