マニラ駐在お役立ち情報

フィリピンのローカルフードランチ:おすすめベスト3inマニラ

マニラ駐在お役立ち情報

 

フィリピンのご飯って、イメージないなぁ。

美味しくないって聞いたことあるんだけど、本当?

日本人の口に合う食事ってあるの??

 

こんな疑問にお答えします。

マニラに旅行に行きたいって?これから留学・駐在になるかもしれない?
食事が合わないと、その国にいることが苦痛になってきますよね。
日本で、フィリピン料理専門店って見たことありますか?
そうです、フィリピン料理はマイナーなんです。
しかし、この記事を読めば、フィリピンのリアルな食生活はバッチリ!
是非、読み進めていってください。そして、カオスな街マニラへ、行ってらっしゃい!

✔️私について、紹介させてください。

私は、2018年からマニラに駐在中しております。駐在員が住む三大タウンは全部制覇。

外食と自炊が半分づつくらい、お出かけもインドアも大好き。

皆様の駐在生活inマニラの、情報収集のお力添えが出来れば良いなと思っています。

 

それでは、いきましょう!

 

私の職場でのランチ:勝手にランキング付け

仕事のときは、オフィスから出ることがほぼ無く、いつも宅配でランチを頼んでいます。

旅行の際は、どうぞちゃんとしたレストランに入って食事を楽しんでください。

ここからは、リアルなローカルの昼食です。職場でランチが提供される場合は、こういった料理が並ぶのではないでしょうか。

私の職場での宅配ランチをご紹介いたします!

 

メイン

第一位!Menudoメヌド

お値段40ペソ

豚レバー、豚肉、根野菜の煮込み料理。

トマトベースです。ご飯とよく合います。

フィリピン人は、これと白米を混ぜて食べています。

 

第二位!Braised beef ブレイズドビーフ

お値段50ペソ

ビーフシチュー的な。お肉柔らかいです。フィリピンの牛肉は、大抵固いのですが、こうやって煮込めば大丈夫なんですね。

独特の香辛料の味がするけど、私は好きです。どこかで食べたことがあるかなーって感じの味です。

こちらもライスとよく合います。

第三位!ポークカルデレータ(ポーク煮込み) 

お値段40ペソ

ポークとじゃがいもにんじんをトマトソースで煮込んだ料理です。

クセがなくてご飯にも合います。

個人的に好き!Pork adoboポークアドボ 

お値段40ペソ

フィリピンの定番の味、煮込み料理。

日本でいうと肉じゃが的な立ち位置で、家庭によって味が違います。

同じ煮込み料理のブレイズドビーフやポークカルデレータと違って、お醤油ベーずなので親しみのある味。

コスパイマイチ:イニハオ レンポン Linihao lilenpo  (豚のグリル) 

お値段40ペソ

豚肉を焼いただけのやつ。これで40ペソは割高な印象です。脂身が多くて食べられる部分があまりない上に、かたくて食べにくいです。最後は手で持ってかぶりつきました。

お腹に優しい:アルモンディガス almondigas(素麺と肉団子スープ)

お値段40ペソ

素麺がたくさん入ったスープと肉団子です。体調が悪い時にいいかもしれません。

肉団子の中が、ピンクって違和感あるんですが、味は普通の肉団子です。

お腹壊したことないし、普通に美味しいです。

野菜

第一位!Togeトゲ 

お値段20ペソ

もやし炒めです。これは間違いない。

トゲがあれば、いつもこれを頼んでいます。

第二位!ギシンギジン gising gising

お値段25ペソ

切ったら星形という可愛い野菜を、ココナッツスープで煮込んだ野菜料理です。

煮込んでいるといっても、野菜は歯応えがあり味付けは少しピリ辛で美味しいです。ご飯に合います。

第三位:Upoウポ

お値段20ペソ

冬瓜です。塩胡椒で味付けされていて癖がありません。時々しょっぱいのが惜しいところです。

苦手・・・モンゴ Mongo

お値段20ペソ

みどり豆を煮た料理です。味は、クセがなくて食べやすいのですが、ご飯にかけて食べる感じではありません。シチューのようなスープのような。トロッとしている感じなので、私はあんまり好きじゃなかった。

あと、この量のみどり豆を一気に食べてはいけませんね。お腹にきます。

苦手・・・ミスワ  Misuwa

お値段25ペソ

アルモンティガスとそっくり。というか同じ?これがなぜ野菜カテゴリーに入っているかというと、パトーラという野菜(ヘチマ)が入ってました。

これが独特の臭みがあります。パクチーとは違うのですが…私は食べられなかった。

うーん、これは野菜カテゴリーじゃない気がするんだけどなぁ。

ライス

ハーフライス 

Half rice  お値段5ペソ

ハーフといっても、拳大位の大きさがあります。もちろんフィリピン米。

単体で食べるのではなく、何かと混ぜて食べるお米です。

ちなみに、普通のサイズはハーフサイズが2個くるという荒業。普通サイズのお値段10ペソ。

ミリエンダ(おやつ)

第一位!バナナキュー

お値段15ペソ

これ、素朴な味がしてほんとおいしい。

調理用バナナを揚げて、ブラウンシュガーでコーティングしたものです。日本に帰っても食べたい。

バナナは少し酸味があって、ブラウンシュガーが程よく絡まり、甘酸っぱさが最高!

第二位!Kariokaカリオカ 

お値段10ペソ


 

 

 

上新粉を丸めて、黒糖絡ませて揚げたおやつ。

素朴な味で美味しいです。

Japanese Bento編

第一位!麻婆唐揚げ 

お値段140ペソ


写真はハーフライス(
-15ペソ)

ボリューム満点でお腹いっぱいになります。

値段の割に美味しいですが、太ります

味噌汁付き

 

職場でのローカルフィリピンフードは、まだまだあります!随時更新していきますので、お楽しみに!

 

おわりっ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
♪みんなにシェアする♪
アラサー独女バリキャリ広報活動中@TOKYO
タイトルとURLをコピーしました