マニラ駐在お役立ち情報

これで安心!飛行機の長時間フライト攻略のためのトイレ対策〜長距離移動でも快適な空の旅のために。

マニラ駐在お役立ち情報

これで安心!飛行機の長時間フライト攻略のためのトイレ対策〜長距離移動でも快適な空の旅のために。

 

長時間のフライトを経験したことないから、なんだか不安だなぁ。

長時間フライトでトイレに行くタイミングっていつ?

席を立つのが面倒臭いな・・・トイレに行かなくてもいいかな。

 

 

こういった疑問にお答えしていきます。

 

 

この記事をご覧になっているあなた。少なからず長時間飛行機に乗ることに不安を感じているのだと思います。長時間フライトでなくても、「トイレの場所を把握しておかないとソワソワする症候群」に悩んでいる人が多いです。(あれ?私だけ?)
旅行だって、トイレが苦にならなかったら・・・。そんな不安を解消します。

✔️私について、記載させてください。

私は、現在マニラに駐在しております。
職場環境は良好で、日本にいるときより休暇が取りやすいので旅行に行きまくってます。
しかし、自律神経がちょっとアレで、「逃げることができない場所」に「長時間滞在する」のが苦痛です。心臓がバクバクして呼吸がしにくくなります。最近は、薬を飲んでも治らない頭痛に悩まされています。飛行機は、フィリピン⇄日本の4時間強が限度。そんな私が、憧れの地ニューヨークに行くために初めて長時間(16時間)フライトでを体験。バッチリ対策したおかげで長時間フライトは大成功に終わり、その後何度も長時間フライトを体験し、対策にさらにリバイスをかけました。
これから長時間フライトに挑もうとしている方の、情報収集のお力添えが出来れば良いなと思っています。

 

 

 

それでは、いきましょう!

 

これで安心!飛行機の長時間フライト攻略のためのトイレ対策:トイレが混雑するタイミング

機内のトイレが混雑するタイミングはいつなのでしょうか。できれば混雑している時に行くのは避けたい・・・。

トイレは、いつ混雑するのでしょうか。実際に長時間フライトを経験した私が、トイレが混雑するタイミングを解説します。

離陸直後

飛行機の乗る直前に、トイレを済ますことができなかった人・搭乗したら急にトイレに行きたくなった人・離陸の時に緊張してトイレに行きたくなった人・・・。

そんな人が、シートベルトサインが消えるのを心待ちにしています。

搭乗まで、時間の余裕を持っておきましょう。時間の余裕があればいくらでもトイレに行くことができます。離陸直後のタイミングを避けるようにしましょう。

機内食の後

機内食の後は、最もトイレが混雑します。食事をして、ほっと一安心するタイミングですからね。当然です。

機内食を食べ終わったら急にトイレに行きたくなる人、いると思います。

そんな時、トイレが混雑していると。早くトイレ空かないかな・・・とソワソワしてしまいますね。

離陸直後は、飲み物とスナックが配られ、そこから約2時間後に機内食のパターンが多い気がしますので、機内食が回ってくる前にトイレに行っておきましょう。

 

メインの機内食に関しては、現地時間に合わせて提供されるのが一般的です。

 

着陸直前

着陸の約1時間前からシートベルトサインが点灯し「席から移動ができなくなる」という状態は、トイレに行きたい精神を加速させます。そのため、着陸直前となるとトイレが混雑します。

着陸後は、イミグレに並んだり荷物ピックアップしたり、移動が続いたりと忙しいので離陸直前にトイレを済ませる人が多いです。

異国の地で、トイレに行きたくてたまらない状態で、必死になってトイレを探すなんて恐怖です。
そのため、大部分の人が「とりあえず、トイレに行っておこう精神」が働きます。

到着時間の1時間半前に、一度トイレに行っておきましょう。

その時に、トラベルグッツを閉まったりゴミを捨てたり、身の回りの整理整頓をしておくと良いでしょう。

これで安心!飛行機の長時間フライト攻略のためのトイレ対策:トイレにいつ行くか

では、いつトイレに行くのが良いのでしょうか。

私は、長時間フライトでは水をたくさん飲みます。16時間搭乗していたフライトでは、ペットボトルの水4本を持ち込み、全て飲みました。そのほかにも、パントリーに行きジュースを飲んでいました。

足が浮腫みやすかったので、水分を取らない選択肢は0で、それに伴いトイレの回数も多くなりましたが、予めトイレタイムを決めていたので全く苦ではなかったです。

トイレタイムの際にストレッチをして、体を定期的に解していたので、足のむくみはそんなにひどくなりませんでした。

では、私がどのようなタイミングでトイレに行っているのか、ご紹介します。

搭乗前

搭乗ゲートには30分前に到着し、トイレに行きます。そこから、早めに搭乗口に並びます。(座席上の手荷物入れのスペース確保のため)

離陸直前

搭乗し、荷物を手荷物入れに収納することができたら、このタイミングで最寄りのトイレに行きます。

早めに飛行機の中に入っているということもあり、すぐ入れます。

搭乗中

1回目

離陸直前にトイレに行っているので、シートベルトサインが消えた直後でもトイレに行きたいということはありません。次に行くタイミングは、1回目の水・スナックが運ばれた後です。
食べ終わったら、さっさと行きます。ここでは、コーヒーではなくジュースを飲んでいます。

2回目

2時間くらいすると、食事が運ばれてきます。食後でも、まだトイレに行きたい気分にはなりません。

この食事で提供された小さめのペットボトルの水は、ケチらず豪快に飲み切ります。
その後、コーヒーをもらいドラマを見ます。

食後2時間はトイレが混雑してます。そのため、2時間〜3時間後に「歯ブラシを持参し」トイレに行きます。歯を磨き、いつでも寝られる準備をするためです。(といっても、水やコーヒーを飲むんですけどね)

この時に、パントリーエリアの広い部分でストレッチをします。

3回目以降

ここからは、トイレはそんなに混まないので、行きたくなったら行くようにすればいいと思います。

私は2−3時間毎にストレッチをするため、席を立ちますのでそのタイミングでトイレに行きます。

水をたくさん飲み、コーヒーも飲みます。お酒は、酔いやすい&血液がドロドロになるので飲みません。

定期的に席を立ち、無駄にパントリーのお菓子を見に行ったりしています。

着陸直前

到着予定時刻の2時間前に、トイレに行きます。その前に、持ち込みした水を全て飲み切ります。

パントリーへ行き、ストレッチをしてトラベルグッツを片付けます。

その後、またトイレに行きます。着陸1時間前は大変混雑しますので、2時間前がポイントです。

着陸直後

着陸直後は、みんな降りる準備をしていますので、このタイミングではトイレに行くことはできません。着陸直前にトイレに行っているので、この時点でトイレに行きたいと思っていません。ゆっくり降りるのを待ちます。

荷物のピックアップの時に、簡単な化粧をしにトイレに行くので、このタイミングですっきりしておきます。

 

ここからは、楽しい旅の始まりです。トイレを苦痛に思う長時間フライトとはおさらばです!

 

これで安心!飛行機の長時間フライト攻略のためのトイレ対策:トイレファーストで考える

私のように、トイレが不安で仕方がない人は、以下のことを意識しましょう。

座席は通路側を予約する

座席が窓側だったり中央の真ん中ですと、隣の人の協力を仰がないとトイレに行くことができません。長時間気を使い、トイレを我慢するのは地獄です。

トイレに近い座席は、近すぎると不愉快ですので
パントリー側を予約しましょう。

ちなみに、最強の席は「パントリー前非常口席」です。

ちなみに、出発前・機内では水分を取らないようにするというアドバイスがちらほらありますが、これは私は反対派です。

トイレに行きたくなるから、水分を取らない=体の水分量が減る=喉が渇いて風邪をひきやすくなる。肌が乾燥する。エコノミークラス症候群になりやすい。足がむくむ。飲み物を自由に飲めないとストレスが溜まる。

良いこと一つもないです。トイレに行くタイミングさえちゃんとしておけば、心配ないので特に水は十分な量を飲みましょう。

別に、何回もトイレに行ったっていいんです。

ただ、アルコールとコーヒーはトイレが近くなるのは事実なので、適量に留めておきましょう。

しかし、1杯飲んだからといってその後ずっとトイレに行きたいのかと言われるとNOです。

そのため、無理に我慢する必要はありません。

体を冷やさない・締め付けない

体が冷えると、お腹痛くなる。体を締め付けると、膀胱が押されてトイレに行きたくなる。

体を冷やさないことも、トイレ対策では重要です。

機内は冷えることが多いので、長時間フライトを意識した服装を心掛け、体を冷やさず締め付けない格好で臨みましょう。

関連記事:ユニクロで揃う!失敗しない長時間フライト時の服装・靴ポイント5つ〜長距離移動でも快適な空の旅のために。

 

これで安心!飛行機の長時間フライト攻略のためのトイレ対策:どうしても我慢できそうにない時

こんなに対策をしても、どうしても我慢ならない時ってありますよね。

5秒くらいでマックスになっちゃう時とか・・・。お腹の調子がもともと悪い・女の子の日で不安定・変なもの食べて上から下から出そう。大ピンチなのにトイレは並んでる。

もう1分だって待てない!そんな時は、どうすればいいのでしょうか。

キャビンアテンダントに相談して、他のクラスのトイレを使わせてもらう。

その場で取り返しのつかないことになるくらいなら、早々に近くのキャビンアテンダントに相談してみましょう。

 

もうどうしようもない・・・ゼェゼェ・・・

 

こんな態度でお願いすれば、すぐにエコのミークラス以外のトイレに案内してくれます。(実体験あり)

もしくは、他の乗客を優先してトイレを使用できるように取り計らってくれます。

早め早めにトイレに行っておくのが一番ですが、どうしようもない時でもやりようがあるので大丈夫です。安心してください。

キャビンアテンダントさんは、あなたの味方です。

これで安心!飛行機の長時間フライト攻略のためのトイレ対策:飛行機の中でトイレに行きたいと思うのは自然の摂理です

トイレに行きたくなるのは、精神的な理由も大きく関係しています。

「本屋さんに行くとトイレに行きたくなる」

「快速電車に乗るとトイレに行きたくなる」

「映画のオープニングの時点でトイレに行きたくなる」

こんな経験ありませんか?

私、全部あります。私の場合、トイレに行きたい症候群は、精神的なものが第一にあると思います。

「トイレ大丈夫かな」とい思っただけで、もうトイレ行きたくなります。

この場合は、行きたいと思ったらすぐに行くことが大切です。なるべく、心の負荷を減らしていきましょう。

「さっき行ったのに・・・また行くなんて恥ずかしい」そう思う必要はありません。

周りは誰も気にしてないです。

しかし、せっかく席を立って向かったのに、トイレが混雑していたという状態もあると思います。

また、頻度多く席を立つのがなんか気が引ける・・・。先ほどもご紹介しましたが、そういう方は、パントリー側非常口座席を予約しましょう。精神的な負担がグッと減ります。

これで安心!飛行機の長時間フライト攻略のためのトイレ対策:まとめ

はい、これで完璧です。

トイレに関する不安が少しは取れたのではないでしょうか。

 

最初はいちいち考えるのが面倒くさいと思うかもしれません。でも、楽しい旅行にするために、頑張って実践してみましょう。

 

私は、年に数回長時間フライトに搭乗していますが、このトイレ作戦でいつも快適な長時間フライトを実現しています。

 

私が悪戦苦闘したこの他の対策も記事にしていますので、合わせてこちらもご参考になれば幸いです。

 

 

私の体験談が、少しでも皆様の快適な長時間フライトにお役に立ちましたら幸いです。

 

おわりっ!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
♪みんなにシェアする♪
アラサー独女バリキャリ広報活動中@TOKYO
タイトルとURLをコピーしました